FC2ブログ
ポラロイド写真

回り込み解除

moblog_f5445331.gif
数日前の新聞なのですが、こっちの新聞にこんな記事が載っていました。

100822_104443.jpg

獣医学部を出ても、犬や猫の獣医になる人が多くて、牛や豚等の獣医になる人が不足しているというような内容です。
でも、家畜の獣医さんも不足しているのかもしれないけど、小鳥や小動物を診てくれる獣医さんも少ないと思うんですよね。
現に、うちは高速で1時間くらいかけて、福岡の病院まで行ってるわけですから。
まだ1時間で行けるからいいけど、もっと遠くから来られている人もいらっしゃいますしね。
正直、もっと近くに病院があれば助かるのにな…と思います。
今の獣医学部では家畜や犬猫の事は教えてくれるけど、小鳥なんかは教えてくれないから、自分で勉強されてるんですよね、今、小鳥を診てくれる獣医さんは。
人間のお医者さんが内科とか外科とかあるように、獣医さんも家畜科とか犬猫科、小鳥科と分けて教えてくれるようになるといいな、と思います。
子供がマリアさんを連れて行ってる病院は、看板には小鳥も診ると書いてあるし、「Companion Bird」の「小鳥を診てくれる病院」の一覧にも載っているんだけど、聞くとそのう検査はそのう液を取るんじゃなくて、「なんか器具を使って覗いてた」と言うんですよ、子供は。
いざという時、ちゃんと強制給餌とかできるのかしら…?と不安に思います。


今日はチロルの写真です。
小悪魔なチロル

100825_191405.jpg

ちょっと悪そうですね
それから、この角度で見るとルチノーに見える、な~んちゃってルチノーなチロル

100825_191434.jpg

オカメさんは表情が豊かですね






スポンサーサイト



にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村
  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

獣医さん

需要と供給のバランスも、
どこか割りの合わないところもあるのでしょうね。
ペットショップやブリーダーさんにも
販売資格やらの免許制度がありますが、
試験は犬が主体でインコの問題が出ないとか。
インコ販売するのに、犬や猫の知識が必要なんですかねぇv-406
獣医さんもペット販売側も、
おっしゃるような専門分野を確立しなければいけないと思います。

チロルちゃん、全然かわいいですけどーv-344
ルチノーでもノーマルでも何でもいいから
オカメちゃん欲しいv-347

鳥類と哺乳類は

全然違うのに、大学では教えてくれないんですもんねぇ
先週の「情報7days」だっけ土曜日のたけしが出てるニュース番組で
エキゾチックペット専門の獣医さんが登場なさってましたけど
やはり独学でやられてましたー。
鳥類はまだ少ないけどまだあるほうですよねぇ
爬虫類飼ってる人はもっと大変そうですよ。

あの雑誌の「小鳥を診てくれる病院」はあてにならないと思います^^;;
私の先代をまともに診れなかった病院もしっかり掲載されてますし
あれ以来、そのう検査を積極的にしない獣医は鳥診れないと私は思ってします。
なので息子さんの病院もちょっと疑わしい・・・・と思ってしまいます。

2枚の写真、同じチロルちゃんとは思えないですよ
2枚目はどうみてもルチノーですね(笑)

難しいですね~

鳥を診れますとかかげていても実際はちゃんと診れないと言う病院の苦情をよく聞きますね~><
うちも、近くには鳥を診れそうな病院はなさそうです><
やはり、遠くまで行かなくてはいけませんね~

なんちゃってルチノーのチロルちゃん♪
オカメちゃんは表情豊かですよね^^v

No title

私も取扱業をとるとき受けた試験はほぼ犬ネコ主体でした。子供の頃から犬好きだったし飼ってもいたから大丈夫でしたが、けっこうコアな問題でした。
鳥の臨床も日々かわっていて、昔の概念が今はまったく逆というケースもあるとか・・・鳥専門の医師が集って日進月歩の日々だとおっしゃってました。
特定外来種とかエキゾチックアニマルとか・・獣医さんも多岐にわたって知識が必要で大変だろうなあ・・と思います。
きっと治せる医師がいないから病気になったそんな外来動物や希少動物を捨てちゃうんですよね~

No title

小鳥も一応みるよっていう病院ばかりですもんね~
今の病院に出会う前にいろいろなところへ行ったことがあるけど、触るのも嫌がった獣医さんもいたし
触るとストレスで死んじゃう…うんぬん言って…
そのくせこの餌を食べたら治るとかいって高いシードをすすめてきたし
だからちゃんと診てもらえる今の病院がなんと貴重なことかと思ってます

チロルちゃん、ほんと表情が豊かですね
優しい色合いでいいなぁって思います☆

夏ママさんへ

犬猫を扱う人、小鳥を扱う人、それぞれに必要な情報は違うと思うのに、ひとまとめにされてますよね。
専門分野にちゃんとわけて欲しいです。
特に獣医さんは!!

まぁこさんへ

私も見ましたよ、その番組。
脱臼したウサギの関節を手探りで処置されてましたよね。
飼い主さんは不安だったろうなぁ…(--;)
あの雑誌の一覧、あてにならないんですね(--;)
連れて行く前に電話で確認したら、「そのう検査もする」と言われたので、そこに連れて行け!と子供に言ったのに、そんな検査かよ…orzでした。
大阪在住の某ブリーダーさんの「里親募集」のところには、「大阪には鳥専門の病院はありません」と書いてありますもんね…

まりけけさんへ

鳥を診れないなら診れないで、一言言ってもらえれば、こっちも考えるのに、簡単に「いいですよ」とか言われると困るんですよねぇ…
行ける範囲なら、遠くでも行きますが、やっぱり近いに越した事はありませんよね(;;)

ジェミーさんへ

取扱業を取るのには、試験があるんですか!
知りませんでした。
鳥のブリーダーに犬猫の問題を出して、どうするんだ!?と思いますが…
鳥専門の獣医さん、頑張ってほしいです。

ひろまるさんへ

触るのを嫌がるって…(><)
診れないなら、最初から診れないって言ってほしいですよね。
私は以前こん●まる福岡店で紹介された獣医に、アリスを連れて行った事があるんですけど、そのうの検査どころか糞の検査すらせずに、羽の具合だけ広げてみて、シードじゃなくその病院が取り扱っているペレットにした方が良いと言われた事があります。
なんだかな~と思っていたら、その病院にはこん●まるで買った?と思われるヨウムがいました。
病院だけでなく、ショップもどうかと思いましたよ。

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

すずこ

Author:すずこ
北部九州で、小鳥さん達と犬達とまったり暮らしています。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村

FC2カウンター

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

月別アーカイブ

金魚

すずこの本棚

フリーエリア